ファイナンス 詐欺

【ファイナンス 詐欺】手口の共通のやり取り

ファイナンス詐欺の事例多数!!

 

詐欺被害案件に強いこの法律事務所ににお任せ!

 

 

樋口総合法律事務所のおすすめポイント

相談が無料です。

回収実績が多数あります。

返金交渉は、事務所が代行してくれます。

会社の人や家族に知られることはありません。

24時間メールで相談できます。

 

詳細はこちら ←クリック!

 

 

金融庁のサイトでもファイナンス詐欺の注意を行っていました。

 

未公開株やファンド、私募会債などの被害もでています。

 

上場で確実です。
元本は保証します。
必ず儲かります。
株を買い取りますので、必要な買増しをしてください。
必ず、損をした分を回復させるので、○○社の株式を購入してください。

 

未公開株や社債の販売ができるのは登録を受けた証券会社だけ

 

その他の人が勧誘を行うのは法律違反の可能性が高いです。

 

また、株式公開準備室というところから電話があり、
金融庁の職員を名乗ったりして安心させて、未公開株や社債を買わせる被害もあります。

 

金融庁は公的機関が未公開株の取引に関与できません。

 

取引所の上場の承認は、各取引所が審査するので、金融庁は判断できません。

 

また、過去に未公開株の被害を受けた人たちに、
株を買い取って被害を回復しますといった電話もありあす。

 

ただし、これには条件があり、別の未公開株の購入や手数料などの支払いを求めるケースです。
新しい株の代金を支払っても、結局、買い取ってもらった代金は支払われず、連絡が取れなくなります。

 

これらはファイナンス詐欺の事例だそうです。
金融庁のHPに事例が漫画で掲載されていました。

 

これらをみると、さまざまな手口を名乗って
現金を振り込ませる手法を考えています。

 

ファイナンス詐欺といえば、
MRIなど、1300億円の紛失事件がありましたが、
「第2種金融商品取引業者」であっても
元本を保証するわけではありません。

 

金融緩和の影響で、以前は免許制だったのが
登録制に変わり、参入しやすくなっているのが
「第2種金融商品取引業者」でもあるようです。

 

元本保証という言葉は日本では使えないのです。

 

この言葉が、紹介された人の口から出てきたら、
まず、あやしいと思ったほうがよいでしょう。

 

警察署、金融庁、消費者ホットラインに電話しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ