訪問販売 詐欺

【訪問販売 詐欺】最新情報はこれだ!

消費者事故について

訪問販売詐欺の事例多数!!

 

詐欺被害案件に強いこの法律事務所ににお任せ!

 

 

樋口総合法律事務所のおすすめポイント

相談が無料です。

回収実績が多数あります。

返金交渉は、事務所が代行してくれます。

会社の人や家族に知られることはありません。

24時間メールで相談できます。

 

詳細はこちら ←クリック!

 

 

総務省消防庁の報告ページに書いてありました。

 

ここのページに発生日時がリアルタイムに刻印されていました。

 

消火器の訪問販売の被害が多い。
消火器の点検に来たといって、玄関で消火器を見せたら、
保障期限が切れている。というパターンが多いようです。

 

身分証の提示を求めよう

 

どこの会社の誰なのか?

 

これを要求することが大切です。
とくに「消防署から来ました」といって
公的な機関の担当者と思わせて、

 

古い消火器なので1本2000円で引き取ります

 

といったケースも多い。

 

多くの被害は拒否すると立ち退くが、
詰め替え料などを請求したり、
点検料金などと言ったりするケースが多い。

 

これは消火器だけでなく、
住宅用火災報知器でも当てはまる。

 

その他にも水、ダイヤモンド、金の買取、太陽光発電、栄養ドリンク、宗教勧誘、
物干し竿、家電の引き取りなど訪問販売関するすべてに当てはまることなのです。

 

巡回者のアナウンスと違う

 

物干し竿2本で1000円

 

といったアナウンスで住宅街を巡回している軽トラック。
呼び止めてみると、「まずは見せてください。といって家に入ろうとしてくる人もいます。」
「1本いくらですか?と聞くと2万とか3万とか・・」

 

明らかに、呼び止めると違う話です。

 

似たような話で、「いらなくなった家電製品、パソコンを無料で引き取ります」
といった業者です。

 

家電製品を見せると、引き取り料金は500円。
といったりします。

 

無料ではなかったりします。

 

消費者センターに連絡しよう

 

このような詐欺まがいの業者で不快な思いがあれば
業者名をメモしておいて事実を警察や消費者センターに伝えておきましょう。

 

それでも多額の振り込んでしまったお金が戻ってこない場合には。
弁護士事務所などに相談することをおすすめします。

 

着手金がなし、戻ってこなければ請求なしで
できれば、詐欺に強い事務所がよいでしょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ