金融 詐欺

【金融 詐欺】貸します詐欺の電話相談

金融詐欺といっても、いろいろな意味があります。

 

警察や消費者センター、金融庁のHPに対応窓口がありますが、
取り戻すならば、詐欺案件に強い弁護士に相談しましょう。

 

ネットワークビジネス詐欺の事例多数!!

 

詐欺被害案件に強いこの法律事務所ににお任せ!

 

 

樋口総合法律事務所のおすすめポイント

相談が無料です。

回収実績が多数あります。

返金交渉は、事務所が代行してくれます。

会社の人や家族に知られることはありません。

24時間メールで相談できます。

 

詳細はこちら ←クリック!

 

 

貸します詐欺とは

 

大手消費者金融の広告をまねて、フリーダイアルの番号を変えたりして、。
保証金や保障料といつわり、現金を入金させる詐欺です。

 

これを貸します詐欺といいます。

 

一方、金融詐欺といえば、元本保証、高利回りをうたった投資詐欺のことをいうこともあります。

 

そもそも投資に元本保証はありません。
アメリカの投資会社MRIの医療保険請求債権の投資事件でも
被害は1300億円にもなりました。

 

投資した方は、よく調べて、9年間、利息が振り込まれた実績から、
財産のほとんどを投資してしまった方も多くいます。

 

はじめから日本人を標的にした請うみょうな手口か、
2011年以降から何かが狂い始めて請求権がまわらなくなったのか
事実は今はわかりませんが、真実が明らかになるのは時間の問題でしょう。

 

毎年、何百億円が投資詐欺にあっているがパターンは同じ?

 

元本保証と高利回り

 

私募のファンドである

 

著名人も広告になるケースもある

 

この3つのうち、元本保証という言葉がでたら、
危険な金融詐欺の可能性が高いということです。

 

おかしいと思ったら、早急に解約手続きをしましょう。

 

このように怪しい金融詐欺商品は、共通しているポイントを抑えて判断しましょう。

 

著名人を広告塔に使うということは、信頼性と実績がないから、
代わりに著名人に宣伝してもらっている証拠です。

 

さまざまなメディアでプロモーションを行っているのはMRIだけではありませんが、
まだ、業者と連絡が取れるのならば、早急の解約手続きをしまそう。

 

金融商品取引業者の登録だけでは安心できない。

 

「第2種金融商品取引業者」というのは日本の業者登録です。
だだし、これは単なる登録です。

 

かつては免許制でしたが、規制緩和の流れで登録制になりました。
かつての免許制と比べても、ハードルが低くなっているのです。

 

だから、「第2種金融商品取引業者」に登録しています!

 

といyっても、ただ登録だけで、実績や信頼性があるかないか
の話と混同しないように注意が必要です。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ